闘莉王が「居場所を掴めない」日本人“名FW”は? 「ヘディングのスペシャリスト」

元日本代表DF闘莉王氏【写真:荒川祐史】
元日本代表DF闘莉王氏【写真:荒川祐史】

公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」でヘディングの名手3人を選出

 元日本代表DF田中マルクス闘莉王氏が、Jリーグ史上最強のヘディングの名手3人を選出。J史上屈指の万能型アタッカーの「一瞬でゲームを決める」という勝負強さを絶賛している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 闘莉王氏の公式YouTubeチャンネル「闘莉王TV」最新回のテーマは最強のヘディングの名手3傑だった。

 そこで2位に選出したのはジュビロ磐田などで活躍した元日本代表FW前田遼一氏だ。

「ヘディングのスペシャリスト。前田遼一は決めるんですよ。決める」と闘莉王氏はヘディングでの決定力の高さを評価した。

 千葉・渋谷幕張高校の闘莉王氏と東京の名門・暁星高の前田氏。同世代で高校時代の国体などでライバルだったが、「ポストプレーのうまさもそうだけど、居場所をなかなか掴めない。一回消えたり、また現れたりする」と駆け引きや動き出しの巧みさも改めて評価している。

 Jリーグ歴代でヘディングでのゴール数トップは46得点の前田氏。闘莉王氏は41点で3位だったが、「僕はディフェンダーですから。フォワードだったら遼一よりも点を取っていたかもしれない」と笑顔で語るなど、ライバルの凄さを語る回になっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング