清水、GK権田修一が2年連続で主将就任 「僕が務めますが、エスパルスを引っ張るのは35人の全選手です」

清水GK権田修一【写真:Getty Images】
清水GK権田修一【写真:Getty Images】

竹内、鈴木との共同キャプテンだった昨季に続いて今季も就任

 J1清水エスパルスは1月13日、2022年シーズンのキャプテンに日本代表GK権田修一が就任することを発表した。3人体制だった昨季に続いての大役で、「僕がキャプテンを務めますが、エスパルスを引っ張るのは35人の全選手です」とメッセージを送っている。

 2020年12月下旬にポルトガル1部ポルティモネンセから期限付き移籍で清水入りした権田は、チームで唯一となる全試合出場を果たし、守護神として奮闘。苦しみながらも14位でシーズンを終え、J1残留を勝ち取った。

 清水への完全移籍に切り替わって迎える新シーズン、権田はMF竹内涼・DF鈴木義宜との3人体制だった昨季に続き、キャプテンを務めることが発表された。

 32歳の守護神は、クラブを通じて「2022シーズンのキャプテンを務めることになりました。僕がキャプテンを務めますが、エスパルスを引っ張るのは35人の全選手です。選手全員が日々の三保での練習から最高のパフォーマンスを出せるよう、責任を持ってサポートしていこうと思います」とコメントした。

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング