「待って、何?」 ノリッジGKの衝撃“ネックブリーカー”に英驚嘆「今季最もひどいVARの見落としの1つ」

ノリッジのオランダ代表GKティム・クルル【写真:Getty Images】
ノリッジのオランダ代表GKティム・クルル【写真:Getty Images】

オランダ代表GKクルルが相手MFヴラシッチの首元を掴んで倒すもノーファウル

 現地時間1月12日に行われたプレミアリーグ第18節のウェストハム対ノリッジ・シティ戦は、ホームのウェストハムが2-0で勝利した。そのなかで、ノリッジ守護神がプロレス技まがいの激しいプレーをしたにもかかわらず、ビデオ・アシスタント・レフェリー(VAR)でPKが与えられず、波紋を呼んでいる。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 ウェストハムは前半43分、MFジャロッド・ボーウェンが右サイドからのクロスにヘディングで合わせて先制。後半38分にもボーウェンがネットを揺らし、一度はオフサイドと判定されたが、VARの介入により、ゴールが認められて2-0で勝利した。

 そのなかで、話題となっているのがノリッジのオランダ代表GKティム・クルルのワンプレーだ。相手の攻撃の際、ゴール前に陣取る相手MFニコラ・ヴラシッチを背後から抱え込み、首元を掴んでうしろに倒すハードプレーを敢行。2人ともゴール内に倒れ込んだが、ウェストハムへのPKも、VAR介入もなかった。

 英メディア「GIVE ME SPORT」は、「待って…何?」「WWEのような動き」と触れ、「映像を見ると、今シーズンで最もひどいVARの見落としの1つと思われる」と糾弾。英紙「デイリー・スター」も「GKティム・クルルのネックブリーカーが飛び出したあと、VARがウェストハムにPKを与えずにファン困惑」と伝えており、クルルのプレーが波紋を呼んでいる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド