「本当によかった!」 Jトライアウトで中心性脊髄損傷のGK相澤、退院報告&運動姿に安堵の声続々

GK相澤ピーターコアミ【※画像は昨季クラブ公式サイトのスクリーンショットです】
GK相澤ピーターコアミ【※画像は昨季クラブ公式サイトのスクリーンショットです】

GK相澤ピーターコアミの様子を千葉公式SNSが公開

 昨年12月のJリーグ合同トライアウトで相手選手と接触し、中心性脊髄損傷と診断されたGK相澤ピーターコアミの退院報告&運動シーンをジェフユナイテッド千葉の公式SNSが公開。「本当によかった!」「安心した」と話題を呼んでいる。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 2021シーズン限りで千葉との契約が満了となっていた相澤は、12月9日のトライアウトでプレー中に選手と接触。中心性脊髄損傷と診断され入院していた。

 千葉の公式ツイッターは「昨年のトライアウトで怪我をしてからお伝えできていませんでしたが #相澤ピーターコアミ 選手が年明け退院をし、グラウンドで身体を動かせるまで回復いたしました ピーター選手から皆さまへご挨拶がありますのでご覧ください 本当に本当に良かった!!」と綴り、相沢が元気に身体を動かす様子を収めた動画をアップした。

 また相沢が登場し、「明けましておめでとうございます。怪我してしまったんですけど、無事退院できました。入院中もみなさんからのメッセージを読ませていただきましたし、ここからまた治して、だいぶ回復してきたので、ここから頑張ります。ありがとうございました!」と語っている。

 コメント欄では「本当によかった!」「安心した」「退院おめでとう」と安堵の声が上がり、「応援してます!」「焦らずゆっくり治療してパワーアップして下さい」とエールが送られていた。投稿から2時間あまりで5000件以上の“いいね”が寄せられ、1000件以上リツイートされるなど反響が広がっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング