マンCの独走を止められるクラブは存在する? “隙のない”攻守のストロングポイントを分析

独走態勢のマンチェスター・シティ【写真:AP】
独走態勢のマンチェスター・シティ【写真:AP】

攻撃面ではポルトガル代表MFシウバが躍動

 ジョゼップ・グアルディオラ監督率いるマンチェスター・シティの牙城を崩せるチームは存在しないのだろうか。2位チェルシーに勝ち点差10をつけてプレミアリーグで首位を快走する“ペップ・シティ”は、このまま逃げ切って連覇を決めてしまいそうな勢いだ。この強さを止められるクラブはあるのだろうか。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 決して盤石の体制ではなかったはずだ。トッテナムとの開幕戦に敗れると、その後に左サイドバック(SB)のフランス代表DFバンジャマン・メンディが強姦容疑で逮捕され、チームに激震が走った。絶対的な司令塔のベルギー代表MFケビン・デ・ブライネは負傷やコロナの影響でフル稼働できず、イングランド代表FWラヒーム・スターリングには常に移籍の噂がつきまとっていた。1億ポンド(約156億円)の大枚を叩いて獲得した新戦力のイングランド代表MFジャック・グリーリッシュは期待に応えているとは言えず、スペイン代表FWフェラン・トーレスは今冬にFCバルセロナへ去っていった。

 それでも2022年元日に行われたアーセナル戦を2-1で勝利し、プレミアリーグではついに11連勝を達成。アーセナル戦の前半は内容で圧倒され、判定に助けられた部分もあったが、気づけば首位を独走している。

 選手層の厚さ、そして個々のクオリティーの高さは言うまでもないだろう。デ・ブライネがいない期間は同じポジションではポルトガル代表MFベルナルド・シウバが躍動。このレフティーはゲームを作るだけでなく、自らもゴール前に出て行って7得点をマーク。移籍の噂もあったが、ここまでは“シウバのチーム”といっても過言ではないほどの存在感を放ち、不足を感じさせなかった。

 アルゼンチン代表FWセルヒオ・アグエロ(バルセロナ→引退)の退団で純粋な9番がいない前線も、トーレスやフィル・フォーデンが“偽9番”として振る舞うことで、チーム全体としての攻撃力を担保していた。トップスコアラーが7得点のシウバとスターリングと寂しい数字に映るが、チーム総得点は53得点で堂々のリーグナンバーワン(1試合消化の少ないリバプールが52得点)。リバプールのエジプト代表FWモハメド・サラーのように独力で得点を量産できる選手はいないが、複数得点を決めている選手は計12人。中盤の底でプレーするスペイン代表MFロドリが3得点、センターバック(CB)のポルトガル代表DFルベン・ディアスとスペイン代表DFアイメリク・ラポルテがそれぞれ2得点を決めているように、どこからでも点を取って勝てるのが今のシティのストロングポイントの1つだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド