横浜FM、創設30周年の新ユニフォームデザインを豪州メディアも称賛 「美しい」

横浜FMの創設30周年メモリアルイヤー用襟付き新ユニフォーム【写真:adidas】
横浜FMの創設30周年メモリアルイヤー用襟付き新ユニフォーム【写真:adidas】

1992年のユニフォームにインスパイアされたデザインに海外も注目

 横浜F・マリノスは1月9日、創設30周年を迎えるメモリアルイヤーとなる2022年の新ユニフォームを発表。チームを指揮するケヴィン・マスカット監督の母国であるオーストラリアメディアも「美しい」と称賛している。

 ホームのユニフォームは、創設時の1992年版にインスパイアされ、特徴的であった脇の部分に施されたグラフィックをモダンにアレンジして表現。襟付きのスタイルを採用し、クラシカルな印象を与える。

 また、クラブエンブレムの下には1992-2022のメモリアルナンバリング、前面の裾部にはトリパラロゴに加え、30周年記念ロゴを取り付け、よりメモリアルな1枚に仕上がった。

 オーストラリアのスポーツ専門局「Optus Sport」公式ツイッターは、MF喜田拓也が新ユニフォームを来た姿などの写真とともに、「この横浜FMのキットは美しい」とデザインを称えた。

 王座奪還を誓う新シーズンの、横浜FMのユニフォームにも注目が集まりそうだ。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング