「1992年を忠実に再現」 横浜FM、創設30周年の新ユニフォームデザインに海外注目

横浜FMの創設30周年メモリアルイヤー用襟付き新ユニフォーム【写真:adidas】
横浜FMの創設30周年メモリアルイヤー用襟付き新ユニフォーム【写真:adidas】

襟付きのスタイルを採用、クラシカルな印象に

 横浜F・マリノスは1月9日、創設30周年を迎えるメモリアルイヤーとなる2022年の新ユニフォームを発表。海外メディアも「1992年のデザインを忠実に再現」と反応している。

 ホームのユニフォームは、創設時の1992年版にインスパイアされ、特徴的であった脇の部分に施されたグラフィックをモダンにアレンジして表現。襟付きのスタイルを採用し、クラシカルな印象を与える。

 また、クラブエンブレムの下には1992-2022のメモリアルナンバリング、前面の裾部にはトリパラロゴに加え、30周年記念ロゴを取り付け、よりメモリアルな1枚に仕上がった。

 ユニフォーム関連に特化した海外メディア「Footy Headlines」は「横浜F・マリノスの2022ユニフォームは、1992年のデザインを忠実に再現し、特徴的な青と赤のチェッカーパターンを脇部分に採用。また、襟元は30年前に着用されたキットをベースに、裾部分に記念の特別な装飾が施されている」と報じ、注目を寄せている。

 またアウェーユニフォームについては「よりクラシックなデザイン」と紹介。港町・横浜との親和性も高い、水をグラフィック要素が採用されており、ホワイトベースに水が動く様を表現したグラフィックをさりげなく施し、アクセントカラーにはグローピンクを用いている。

 2022年がクラブ創設30周年にあたるなか、横浜FMのメモリアルイヤー用の新ユニフォームに反響が広がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング