メモリアル感満載! 横浜FM、創設30周年の2022年用襟付き新ユニフォームに反響 「めちゃカッコいい」

横浜FMの創設30周年メモリアルイヤー用襟付き新ユニフォーム【写真:adidas】
横浜FMの創設30周年メモリアルイヤー用襟付き新ユニフォーム【写真:adidas】

1月9日に2022年用の新ユニフォームを発表

 横浜F・マリノスは1月9日、創設30周年を迎えるメモリアルイヤーとなる2022年の新ユニフォームを発表。1992年のユニフォームからインスパイアされたデザインに、ファンの間で「めちゃカッコいい映像」「毎年センスが良すぎる」と反響を呼んでいる。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 昨季J1リーグ2位(24勝7分7敗)だった横浜FMは、2022年がクラブ創設30周年にあたる。

 ホームユニフォームは、創設時の1992年に着用していたユニフォームにインスパイアされ、特徴的であった脇の部分に施されたグラフィックをモダンにアレンジして表現。襟付きのスタイルを採用することで、クラシカルな印象を醸し出している。また、クラブエンブレムの下には1992-2022のメモリアルナンバリング、前面の裾部にはトリパラロゴに加え、30周年記念ロゴを取り付けることで、よりメモリアルな一枚に仕上がっている。

 一方、アウェーユニフォームは、港町・横浜との親和性も高い、水をグラフィック要素に採用。ホワイトベースに水が動く様を表現したグラフィックをさりげなく施し、アクセントカラーにはグローピンクを用いている。海の環境にも配慮しながら、これからも美しい港町でクラブが輝き、発展し続けてほしいという願いが込められている。

 クラブ公式ツイッターでティザー映像が公開されると、ファンの間では「めちゃカッコいい映像」「毎年センスが良すぎる」「凝ったグラフィックが施されてる」「さすが」など、軒並み好評となっている。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング