「幸せな時間でした」 アテネ五輪主将、大津祐樹&酒井宏樹との豪華3ショット投稿

那須大輔氏(中央)と元日本代表FW大津祐樹&日本代表DF酒井宏樹【写真:Football ZONE web & 高橋 学】
那須大輔氏(中央)と元日本代表FW大津祐樹&日本代表DF酒井宏樹【写真:Football ZONE web & 高橋 学】

那須氏が“柏つながり”の大津&酒井と撮影

 2004年のアテネ五輪でU-23日本代表のキャプテンを務めた那須大亮氏は、2020年元日の天皇杯決勝を最後に、惜しまれながらも18年間のJリーガー生活にピリオドを打ち、現在は動画共有サービス「YouTube」を通じてさまざまなサッカー界の情報を発信している。その那須氏が公式ツイッターで、元日本代表FW大津祐樹(ジュビロ磐田)、日本代表DF酒井宏樹(浦和レッズ)との3ショットをアップしている。

“Jリーガー兼YouTuber”の先駆者である那須氏は、YouTubeチャンネルの登録者数が35万人を突破。高校や大学サッカー部への“体験入部”や、MF中村俊輔(横浜FC)とMF遠藤保仁(ジュビロ磐田)という日本サッカー界を代表するFK(フリーキック)キッカーとのキックターゲット対決など、企画色に富んだコンテンツは人気を博す。

 そのなかで、自身のツイッターで「大津祐樹選手、酒井宏樹選手と撮影させて頂きました。やっぱりトッププロのスキルは凄すぎた!! 2人と一緒にサッカーやると改めてよくプロでやれてたな~笑 と思います笑。幸せな時間でした」と綴り、大津&酒井との3ショットを投稿した。

 那須氏は2012年に柏レイソルでプレー。大津はドイツへ移籍していたが、酒井とは半年間共闘しており、“柏つながり”の3人でもある。酒井はこの投稿に対し、「こちらこそありがとうございました」と感謝の言葉で返していた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング