横浜FMの天野純、韓国・蔚山現代レンタル移籍発表 「自分に納得できず危機感を覚えていました」

蔚山現代へ期限付き移籍するMF天野純【写真:小林 靖】
蔚山現代へ期限付き移籍するMF天野純【写真:小林 靖】

移籍期間は2022年12月31日まで

 横浜F・マリノスは1月8日、MF天野純が韓国Kリーグの蔚山現代FCへ期限付き移籍すると発表した。移籍期間は2022年12月31日まで。同選手は「ここ数年の自分に納得できず、このままでいいのかと危機感を覚えていました。もっと強くて逞しい選手に成長できるのではないかと考えました」と決断理由を声明で明かしている。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 30歳の天野は、2014年から横浜FMで5年半プレー後、19年夏にベルギー2部ロケレンに期限付き移籍したが、同クラブの経営が悪化により、昨年5月に横浜FMへ復帰。21年シーズンはリーグ戦34試合3得点の成績を残している。

 今回の移籍決定に至ったことへ、天野は「ここ数年の自分に納得できず、このままでいいのかと危機感を覚えていました。そのタイミングで、一昨年のACL王者でもあり、アジア屈指の強豪クラブである蔚山現代FCから話が来ました。その厳しい環境で、日々の練習に揉まれる事で、もっと強くて逞しい選手に成長できるのではないかと考えました」と決断理由を明かしている。

■選手コメント
「横浜F・マリノスに関わる全ての皆様へ

 最高のチームメイトと、日本一のファン・サポーターに囲まれる F・マリノスでの毎日は、家族のようで楽しく、そして自分が恵まれた環境にいる事を日々実感しています。それと同時に、その環境に甘えてしまっている自分がいる事を感じていました。

 何より、ここ数年の自分に納得できず、このままでいいのかと危機感を覚えていました。停滞は退化ではないのかと考えるようになりました。ここで再び何かを変えなくてはいけないと思っていました。そのタイミングで、一昨年のACL王者でもあり、アジア屈指の強豪クラブである蔚山現代 FC から話が来ました。

 その厳しい環境で、日々の練習に揉まれる事で、もっと強くて逞しい選手に成長できるのではないかと考えました。ギリギリまで悩み、なかなか決断を下す事ができませんでした。数年後の自分はどうなっていたいのか。

 そのためには、いま何が必要なのか。それらの熟慮を重ねた結果、今回の決断に至りました。のちに、この決断を正解にできるのは自分自身しかいません。

 1日1日を無駄にせず、自分自身と向き合い、もっと成長してきます」

(FOOTBALL ZONE編集部)

page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング