「創価大の駅伝ユニ似?」 FC東京の新ユニフォームデザインに驚き「めちゃくちゃかっこいい」

FC東京が2022シーズンの新ユニフォームデザインを発表
FC東京が2022シーズンの新ユニフォームデザインを発表

浮世絵の波からインスパイア、首元にはゴールドを配色

 J1・FC東京が1月7日に2022シーズンの新ユニフォームデザインを発表。「MIXIの主張が半端ない!」「創価大の駅伝ユニ似?」と反響を呼んでいる。

【注目】ドラゴン久保竜彦が明かす「問題を抱えている選手」の見極め方 Jリーグ勝敗予想で大胆戦略、日本代表OBが驚き「意外と…」

 ホームユニフォームは、クラブのシンボルである青と赤の太いストライプを採用。クラシックの中に力強さとオーセンティックを表現している。

 ユニフォーム全体に、日本のモダングラフィックである浮世絵の波からインスパイアされたグラフィックをカモフラージュ柄に落とし込んだジャガード編みで表現。現代的な技術とクラシックなグラフィックとの融合で、モダンななかにクラシックな印象を表現している。首元にはゴールドを配色した。

 アウェーユニフォームはホワイトを採用。青から赤に変わるピンストライプは味の素スタジアムのLED照明からインスパイア。首元と袖はネイビーのトリミングで仕上げている。

 ファンから「めちゃくちゃかっこいい」「早速予約しました!」「めっちゃいいやん」「MIXIの主張が半端ない!」などの声が上がった一方、「創価大の駅伝ユニ似?」「そ、創価大?」と創価大学駅伝部のユニフォーム似というコメントも届いていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング