ヘンク伊東、1ゴール1アシストの縦横無尽ぶりを海外称賛 「至るところにいた」

オーステンデ戦で1ゴール1アシストを記録したMF伊東純也【写真:Getty Images】
オーステンデ戦で1ゴール1アシストを記録したMF伊東純也【写真:Getty Images】

第21節オーステンデ戦で4-0の快勝に導くパフォーマンス

 ベルギー1部ヘンクの日本代表MF伊東純也は、現地時間12月26日のリーグ第21節オーステンデ戦(4-0)に先発出場し、1ゴール1アシストの活躍を見せた。海外メディアは「ジュンヤ・イトウが至る所にいた」と注目している。

 試合は前半6分、早速スコアが動く。右ウイングで先発出場した伊東がヒールパスで右サイドへパス。スペースに走り込んだ伊東がリターンパスを受けると、そのままエリア内にドリブルで侵入し、相手を置き去りにする突破からラストパスを送り、FWアイク・ウグボが身体に当ててヘンクの先制ゴールが生まれた。

 さらに6分後の前半12分、ヘンクが左サイドでパスをつなぐなか、右サイドから絶妙なタイミングで中央に入り込んだ伊東が抜け出す。ゴール前で絶妙なトラップを見せ、冷静に流し込んでゴールを奪った。

 その後チームは2点を追加し、4-0と快勝。伊東は1ゴール1アシストの活躍を見せ、今季4ゴール8アシストとしている。

 スポーツチャンネル「Eleven Sports」のベルギー版インスタグラムは、先制点演出のハイライトとともに、「ジュンヤ・イトウが至るところにいた」と称賛。海外ファンからも、「ジュピラーリーグでベストプレーヤーの1人」「再びクオリティーを示した」と声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング