高校サッカー選手権、勢力図予想「番付」 “東の横綱”は青森山田…対抗馬の候補は?

(左から)大津MF森田、尚志DFチェイス・アンリ、青森山田MF松木、流経大柏FW川畑【写真:安藤隆人】
(左から)大津MF森田、尚志DFチェイス・アンリ、青森山田MF松木、流経大柏FW川畑【写真:安藤隆人】

【コラム】第100回大会が開幕、勢力図を“番付風”に独自予想

 高校サッカー選手権は12月28日、記念すべき第100回大会が幕を開ける。日本一を懸けた熾烈な戦いの行方を占うべく、今大会出場校の実力を精査し、勢力図を“番付風”に独自予想。優勝候補筆頭と目される青森山田の対抗馬はどこか?

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

【横綱】
東:青森山田

 選手権3大会連続ファイナリスト、今年のインターハイ王者であり、高円宮杯プレミアリーグEAST王者でもある、言わずと知れたユースサッカー界の横綱だ。FC東京加入内定のMF松木玖生(3年)とFC町田ゼルビア加入内定のMF宇野禅斗(3年)のダブルボランチは今大会ナンバーワンの強度を誇る。どこがこの東の横綱を倒すのかが最大の注目ポイントだ。

西:大津

 公立高校ながらプレミアリーグWESTで優勝争いを演じた力は本物。今年のチームは全学年にタレントを有しており、中でも注目はGK佐藤瑠星、MF森田大智(ともに3年)、MF碇明日麻(1年)、FW小林俊瑛(2年)のタレント4人。高さと巧さ、強さを兼ね揃えた彼らを軸にアタッキングフットボールを展開する。

【大関】
東:流通経済大柏

 榎本雅大監督就任2年目の今年は、本田裕一郎・前監督から引き継いだ前線からのハイプレスに加え、MF渋谷諒太とMF松本恭太(ともに3年)のダブルボランチを軸にしたポゼッションからの崩しも得意とする。エースFW川畑優翔(3年)は今大会必見のタレントで、ゴールとチャンスメーク両方こなせる万能型アタッカーだ。

西:静岡学園

 MF古川陽介(3年/ジュビロ磐田加入内定)、MF川谷凪(3年清水エスパルス加入内定)、MF玄理吾(徳島ヴォルティス加入内定)、DF伊東進之輔(ギラヴァンツ北九州加入内定)のプロ内定4選手を誇る。彼らだけではなく、ビルドアップ能力の高いGK生嶋健太郎(3年)とプロ注目の2年生CB行徳瑛ら多彩なタレントを有する技巧派集団。順当に行けば2回戦で流通経済大柏との『大関対決』が実現する。

【関脇】
東:前橋育英

 毎年ダブルボランチにタレントを揃えるが、今年はかなり注目のコンビが鎮座している。MF徳永涼とMF根津元輝の2年生コンビは、攻守において非常にクオリティーの高いプレーを見せる。ともに攻撃をメインとする選手だが、この1年間で守備力が向上。ボールを奪ってからの展開力で攻撃のリズムを生み出している。

西:東福岡

 プレミアリーグWESTでは苦戦を強いられたが、残留を果たした。インターハイ予選で敗退するなど苦しい1年だったが彼らが積み重ねてきた経験は今、大きなベースとなっている。2年生GK須田純弥、CB段上直樹(3年)、アンカーのMF向井貴都(3年)とセンターラインは盤石で、セレッソ大阪U-18からやってきたMF大渕来珠(3年)が絶好調なのも好材料だ。

page1 page2

安藤隆人

あんどう・たかひと/岐阜県出身。大学卒業後、5年半の銀行員生活を経て、フリーサッカージャーナリストに。育成年代を大学1年から全国各地に足を伸ばして取材活動をスタートし、これまで本田圭佑、岡崎慎司、香川真司、柴崎岳、南野拓実など、今の日本代表の中心メンバーを中学、高校時代から密着取材。著書は『走り続ける才能達 彼らと僕のサッカー人生』(実業之日本社)、早川史哉の半生を描いた『そして歩き出す サッカーと白血病と僕の日常』(徳間書店)など10作を数える。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング