「天才って言葉、俺にはふさわしくない」 小野伸二が若き日に「凄い」と思った選手は?

札幌の元日本代表MF小野伸二【写真:グレアトーン】
札幌の元日本代表MF小野伸二【写真:グレアトーン】

札幌GK菅野孝憲の公式YouTubeチャンネルにゲスト出演して若き日を回想

 J1北海道コンサドーレ札幌の元日本代表MF小野伸二は、日本サッカー界の歴史に名を刻む天才として観る者の心を掴んできた。しかし、本人は「天才って言葉、俺にはふさわしくない」と振り返っている。

 小野は札幌の同僚GK菅野孝憲が新たに開設した公式YouTubeチャンネル「菅野孝憲のスゲ〜話!」の第1回ゲストとして登場。さまざなテーマでトークを展開するなかで、早くから「天才と言われてきたことに対してどう思っていたのか」についても答えた。

「天才と言われてもね。小学校の時も藤田健(静岡県浜松市出身のMFで、ヴァンフォーレ甲府などでプレー)を見た時に自分の天才なんて全然違うよって。彼こそだよ、とずっと思っていた。コーナーキックとか右利きの選手が左足で蹴っちゃうんだから(笑)。コイツは凄いなと初めて思った選手だった」

 また、同じ1979年生まれの“黄金世代”である元日本代表FW高原直泰(沖縄SV)を目の当たりにした時も、大きな衝撃を受けたという。

「その後に高原に出会うんだけど、当時アイツもデカかった。自分は小学校時代、優勝、準優勝しかしたことなかったし、負けたとしてもそんなに大差で負けることもない。でも、1-8で負けた。めっちゃショックだった。その中で1人群を抜く凄いヤツがいるなと思ったら高原だった。またすごいのが現れたなって」

 小野は、周囲の「天才」という声に左右されることなく、自らの技術を淡々と磨いてきたと振り返る。

「天才ってそんな言葉、俺には必要ないというか、ふさわしくないって。いつも自分の中で誰かを追っていた。ターゲットを見つけて、ここを超えなければ上に行けないって。一番になりたいから、世界一になろうって自分ではずっと思っていたから。身近なターゲットを見つけて、いつもどうやって超えられるかを考えてトレーニングしていた。年齢を重ねても、負けたくない、誰よりもうまくなりたいという気持ちは変わらない。だからまだ続けている」

 生まれ持った才能と絶え間ない努力が、小野を天才に押し上げたと言ってもいいだろう。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング