J1ガンバ大阪、片野坂知宏新監督の就任を正式発表 「使命はまた強いガンバ大阪を取り戻す事」

G大阪の新監督に就任した片野坂氏【写真:高橋 学】
G大阪の新監督に就任した片野坂氏【写真:高橋 学】

大分の指揮官時代には、今年の天皇杯で準優勝の成績を残す

 J1ガンバ大阪は12月23日、片野坂知宏氏が2022シーズンより新監督に就任することが決定したと発表した。前大分トリニータ指揮官の同氏は「また応援をしたくなる最強のチーム作りをして行きたいと思います」と声明を発表している。これに伴い、昨季途中から指揮していた松波正信監督の退任、および、アカデミーダイレクター就任も公にした。

 現在50歳の片野坂新監督は、2016年に当時J3だった大分の監督に就任し、指揮官としてのキャリアをスタート。その年にJ3を制して1年でJ2昇格を決めると、翌々年にはJ1昇格を果たした。今シーズンはリーグ18位に沈み、来季J2降格となったものの、天皇杯では惜しくも決勝で浦和レッズに敗れたものの、準優勝の成績を残した。

 片野坂新監督は「私に託された使命はまた強いガンバ大阪を取り戻す事だと思います。その為に私が培って来た経験や情熱の全てを捧げ、皆様に喜んで頂ける、また応援をしたくなる最強のチーム作りをして行きたいと思います」などと声明を発表している。

 なお、今季途中から宮本恒靖前監督との契約解除に伴いチームを指揮していた松波監督は退任。来季からアカデミーダイレクター就任も発表され、コーチ陣には安田好隆氏(ヘッドコーチ)、上村捷太氏(コーチ)、吉田宗弘氏(GKコーチ)、矢野玲氏(フィジカルコーチ)が就くことも公にされた。

■片野坂知宏新監督コメント
「ガンバ大阪のファン・サポーターの皆様、そしてガンバ大阪に関わる全ての皆様、来季よりガンバ大阪の監督に就任します片野坂知宏です。今回の就任に際しガンバ大阪の小野社長、和田取締役はじめガンバ大阪の関係者の皆様、ガンバ大阪のスポンサーの皆様、そしてサポーターの皆様に感謝致します。ありがとうございます。また大分トリニータのクラブそしてファン・サポーターの方々にも私を快く送り出して頂いた事にも感謝致しております。ありがとうございました。私に託された使命はまた強いガンバ大阪を取り戻す事だと思います。その為に私が培って来た経験や情熱の全てを捧げ、皆様に喜んで頂ける、また応援をしたくなる最強のチーム作りをして行きたいと思います。これから一緒にガンバ大阪を最強のチームにして行きましょう。どうかこれからもガンバ大阪へのご支援ご声援よろしくお願い致します」

(FOOTBALL ZONE編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング