「Jリーグで1番かっこいい」 J1広島の新ユニフォームデザインに喝采「めっちゃいい」

サンフレッチェ広島の新ユニフォームがお披露目【写真:ⓒNIKE】
サンフレッチェ広島の新ユニフォームがお披露目【写真:ⓒNIKE】

「広島バイオレット」をメインに、グリーンのピッチ上で映えるようにデザイン

 J1サンフレッチェ広島が12月22日、2022シーズンに使用するユニフォームのデザインを発表。「これは欲しいかも」「Jリーグで1番かっこいい」と話題を呼んでいる。

 ホームユニフォームは、2021年モデルのシルエットを継承。クラブ名に用いられている「サンフレッチェ」の「サン(3)」と、ナイキとのパートナーシップが始まった11年以降に、歴代のユニフォームに使われたカラーからインスピレーションを得て、シンプルでクラシックな3つの異なる紫色を用いたカラーブロックデザインを採用している。

 メインの紫は、揺るがないクラブの伝統カラーである「広島バイオレット」をシャツ、パンツ、ソックスに用い、袖には「ワイルド バイオレット」と明るめの紫を用いて、スピードや軽さを表現しているという。

 首回り、袖のリブ、シャツの脇からパンツの裾に向けて入ったサイドラインには「インク」という紫紺を用い、全体のカラーバランスを整えつつ引き締まった印象を与えている。

「広島バイオレット」をメインに、グリーンのピッチ上で映えるようにデザイン。また、クラブ創設30周年を祝い、左袖にはクラブ創設30周年の特別ロゴも施している。

 さらにアウェーユニフォームは、ホワイトを基調にしたカラーコンビネーションを継承し、クラブエンブレムに使用されている縦のストライプからインスピレーションを得たデザイン。14年以来、8年ぶりとなるストライプを採用し、白と薄紫の幾何学的なキューブを用いたグラデーションのストライプ柄で、チームのアイデンティティ、歴史、伝統を表現している。

 クラブの公式SNSでもユニフォームのデザインを公開。ファンから「カッコいい!」「これは欲しいかも」「Jリーグで1番かっこいい」「こういうので良いんだよを体現したよう」「シンプルでめっちゃいい!」などの声が上がっており、好評を博しているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング