「終わりでもあり始まり」 天皇杯優勝の浦和、「3年計画」ラストイヤーに向けたビジョン

ユース出身の関根と守護神・西川【写真:高橋 学】
ユース出身の関根と守護神・西川【写真:高橋 学】

浦和ユース出身の関根は宇賀神との交代時に、「こらえきれない部分があった」と涙

 浦和レッズは12月19日に行われた天皇杯決勝で大分トリニータに2-1の勝利を収め、3大会ぶりの優勝を果たした。世代交代の過渡期の中で3シーズンぶりに主要タイトルを獲得し、来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権を手にしたことについて、MF関根貴大は「終わりでもあり、始まりでもある」と表現した。

 浦和は前半にFW江坂任のゴールで先制すると、そのまま逃げ切りを狙ったが後半45分に追いつかれた。しかし、延長戦突入目前の同アディショナルタイムに決勝ゴール。それを決めたのは、今季限りでの契約満了が決まっているDF槙野智章だった。

 また、準決勝では同じく契約満了が決まっているDF宇賀神友弥が決勝ゴール。この決勝戦でも途中出場するなど、戦力としても数えられるなかでも変革を進めていく姿勢が明らかになっている。

 その宇賀神と交代で退いた関根は交代時に涙も見せ、「タイトルが獲れるかもしれないからとか、そういうものではなく、僕自身すごくお世話になっていた選手がたくさんいる。その選手とやるのが最後だったので、こらえきれない部分がありました」とその思いを語った。2014年にユースから昇格し、一時は欧州移籍したが、19年夏に再加入した関根は、来季以降に対しては楽観するばかりでない思いを語っている。

「たくさんの選手が出ていくので、想像しているよりも来年は厳しくなると感じていて。僕たちがやるしかない。先輩たちがどれだけのことをやってきたかを見てきたので。そこに負けないくらい自分たちも強いチームを作りたい。(優勝は)終わりでもあり始まりでもある。僕たちの世代が積み上げる一歩にもなるだろうし、今まで浦和のために戦ってくれた選手の最後のタイトルでもあるので、いろいろな意味があると思う。(ACLは)槙野くんが残してくれたもの。失うものはないので、またアジアで戦っていきたい」

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング