マンC戦で衝撃7失点 リーズが突きつけられた“マンツーマン戦術”の限界 理屈は簡単、実行は難しい

マンツーマンの短所とは? 玉突き的にすべてがずれていく脆さ

 マンツーマンの短所は、1人抜かれてしまうと玉突き的にすべてがずれていく脆さだ。ただ、リーズは自陣に1人余らせているので、どこかで1人外されてもカバーリングとマークの受け渡しが早い。このへんはマルセロ・ビエルサ監督なので、抜け目なくトレーニングで仕込んでいるようだ。

 守備強度が高く、ポジション流動性に惑わされないマンツーマンは、けっこう対戦相手にとって厄介なのだ。ところが、シティは苦もなく7点を奪った。マンツーマンは「3人目の動き」に弱い。そこを突いて崩していった。

 マンツーマンといっても、リーズは自陣で1人余らせているので、シティのセンターバック(CB)の1人はフリーになる。CBが持ち上がってリーズのMFにマークを捨てて向かってくるように仕向けたところで、マークされている味方をクッションに使ってフリーになった選手にボールを届ける。3人の連係であっさりと崩していった。

 理屈は簡単だが、実行するのはそう簡単ではない。シティだからできたことだと思う。マンツーマンにはそれなりの効果がある一方、ある水準以上の相手には好き放題に破られてしまう。リーズにとっては厳しい現実を突きつけられた試合だった。

page1 page2 page3

西部謙司

にしべ・けんじ/1962年生まれ、東京都出身。サッカー専門誌の編集記者を経て、2002年からフリーランスとして活動。1995年から98年までパリに在住し、欧州サッカーを中心に取材した。戦術分析に定評があり、『サッカー日本代表戦術アナライズ』(カンゼン)、『戦術リストランテ』(ソル・メディア)など著書多数。またJリーグでは長年ジェフユナイテッド千葉を追っており、ウェブマガジン『犬の生活SUPER』(https://www.targma.jp/nishibemag/)を配信している。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  4. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」