「なんて素晴らしい冒険だったの」 神戸退団のフェルマーレン妻、日本の名所オリジナルムービー投稿

契約満了が発表されたDFトーマス・フェルマーレン【写真:井上智博】
契約満了が発表されたDFトーマス・フェルマーレン【写真:井上智博】

フェルマーレンの妻ポリー・パーソンズさんがSNSで日本にメッセージ

 J1ヴィッセル神戸のベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンは12月13日、チームとの契約が満了となり、2022年シーズンの契約を更新しないことがクラブから発表された。妻ポリー・パーソンズさんは自身のインスタグラムで、「なんて素晴らしい冒険だったのかしら。日本は常に私の心の中にあるでしょう」と日本へのメッセージを綴っている。

 現在36歳のフェルマーレンは、これまでアヤックス、アーセナル、FCバルセロナ、ASローマといった欧州名門クラブに所属し、バルセロナではリーガ・エスパニョーラ優勝4回、UEFAチャンピオンズリーグ(CL)とFIFAクラブワールドカップ優勝各1回を経験。2019年夏に名門バルセロナから神戸に加入し、Jリーグ1年目はリーグ戦8試合でプレーし、天皇杯制覇も果たした。

 来日3シーズン目の今季は、リーグ戦23試合1得点の成績を残していたなか今季限りでの退団が発表。フェルマーレンは声明で、「自分にとって、ヴィッセル神戸でプレーできたことは大きな喜びです。皆さんと一緒に多くの素晴らしい瞬間を共有できました。応援してくれたファンの皆さん、クラブに関わる全ての人に感謝するとともに、チームの今後の幸運を祈っています」とコメントした。

 フェルマーレンの妻であるポリーさんは契約満了のリリース発表後、インスタグラムのストーリー(24時間で自動削除される写真・動画)で、「私の夫は素晴らしい。私たちはとても誇らしく思う」と、異国の地・日本で1シーズンを戦った夫にメッセージを送っていた。

 さらに、これまでインスタグラムで日本の名所を数々巡る姿を投稿してきたポリーさんは、オリジナルの映像とともに「なんて素晴らしい冒険だったのかしら。日本は常に私の心の中にあるでしょう」と投稿。ファンからは「また日本に来てください」「感謝!」「ありがとう」と感謝の言葉が相次いでいた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング