珠玉の逸材たちがズラリ 日本サッカーの新たな扉を開いたJ創成期の「スーパールーキー」たち

中田英寿は中盤で8ゴールをマーク、のちにイタリアへ

 その1995年にデビューしていたのが、のちに日本サッカーの伝説的な存在に成長していくMF中田英寿だった。山梨県の韮崎高からベルマーレ平塚(当時)に加入すると、トップ下として活躍。前年度に天皇杯を制していた若く勢いのあるチームで、MF岩本輝雄らと中盤を組んで8ゴールの活躍だった。城に続く2桁ゴールとはならなかったが、ポジションがストライカーでないことを加味すれば、やはり傑出した活躍だと言えたのだろう。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 こうした彼らに、Jリーグ開幕前年に横浜フリューゲルスに加入していたMF前園真聖らを加えたメンバーが、1996年のアトランタ五輪へ日本サッカー28年ぶりの出場を勝ち取り、本戦では「マイアミの軌跡」と呼ばれるブラジル撃破も果たした。さらには、中田がイタリアへ移籍すると、城はスペイン、川口はデンマークやイングランドといったヨーロッパに出ていって、日本人選手が欧州で認められるための先駆者になっていった。

 当時は各クラブとも全体に今ほど選手層が厚くなく、試合数も非常に多かったのでルーキーの選手たちが出場機会を得やすい環境にあったのは事実だろう。それでも、10代のうちに絶対的なレギュラーを獲得してJリーグで傑出した成績を残すのは並外れたものがなければ不可能なこと。Jリーグ開幕により、日本サッカーの新しい扉が開いたのと歩調を合わせるように飛び出してきたスターたちが、サッカーやJリーグの魅力を大いに広めたのは間違いない。

(FOOTBALL ZONE編集部)

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「なんて美しいデザインだ」 レアルが来季ユニフォーム発表、絶賛の声「かっこいい」「これは欲しい」

  4. 「悪魔の食べ物」 浦和ユンカーの“ランチタイム”投稿が話題、禁断の一品にファン「誰が教えたんだ」

  5. 「なんて美しいシャツだ」 J3松本の新ユニフォームを海外絶賛、ミントカラー採用デザイン「これは可愛い」と称賛

  6. 「いい加減にしろ」 浦和DF、韓国人FWから“ラグビータックル”被害の疑惑判定に反響拡大「ふざけすぎだろ」

  7. シュツットガルト遠藤航、最終節終了間際に残留へ導く“劇的”決勝ゴール 選手やファンが狂喜乱舞「信じられない」「夢のようだ」

  8. 「まぁこれ位はねぇ」 小野伸二、超絶ベルベットタッチに涼しい顔でJリーガー脱帽「やってみたけど全く止まらない笑」

  9. 「惚れてしまう」 キング・カズがイタリアンレストラン満喫 赤パーカーのカジュアル服で隠せない強烈オーラ

  10. 「さすがスター!」 キング・カズ&ヤス兄弟が寿司店で“神対応”、ブラックスーツの強烈オーラ反響「カッコ良すぎる」