「世界のタケ」 マジョルカ久保、名手粉砕の股抜き弾が“今節のベスト5ゴール”に選出

マジョルカ日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカ日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

名手の股を抜く今季初ゴールが週間ベスト5ゴールに選出

 スペイン1部マジョルカに所属する日本代表MF久保建英は、現地時間12月4日に行われたリーグ第16節の王者アトレティコ・マドリード戦で後半29分から出場し、終了間際に劇的な決勝ゴールを奪って2-1の逆転勝利に貢献した。この一撃は、ラ・リーガ公式による同節の「ベスト5ゴール」入りを果たしている。

 右膝の負傷で戦線から一時離脱していた久保は、前節のヘタフェ戦で途中出場して約2か月ぶりに復帰を果たしたなか、アトレティコ戦でもベンチスタート。アトレティコのブラジル代表FWマテウス・クーニャに先制点を献上する劣勢のなか、マジョルカは後半29分に3人を一気に交代し、久保は10番MFアントニオ・サンチェスに代わって4-2-3-1の右サイドハーフに入った。

 すると後半35分、マジョルカはMFイ・ガンインのフリーキックからDFフランコ・ルッソが同点ゴール。さらに後半アディショナルタイム1分、ハーフウェイライン付近から飛び出した久保がパスを受けると、そのままドリブルで持ち込み、スロベニア代表のGKヤン・オブラクの股下を射抜く左足のシュートを流し込んで劇的決勝ゴールを奪った。

 ラ・リーガ公式ツイッターフランス語版と日本語版では、第16節のベスト5ゴールを紹介。一番手に久保の股抜きゴールが登場し、その後、エルチェのスペイン人FWテテ・モレンテ、セルタのスペイン人FWイアゴ・アスパス、ベティスのスペイン代表FWフアンミ、レアル・マドリードのブラジル代表FWヴィニシウス・ジュニオールの得点が続いた。

 投稿でも、「久保建英選手の股抜きゴールがランクイン」と綴られており、ファンからは「素晴らしい」「世界のタケ」といった声も上がっていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング