神戸フェルマーレン妻、夫&息子2人との“浮世絵満喫ショット”に反響 「完璧な家族」

神戸DFトーマス・フェルマーレン【写真:井上智博】
神戸DFトーマス・フェルマーレン【写真:井上智博】

妻ポリーさんが夫フェルマーレン、息子2人と大阪の上方浮世絵館を訪問

 J1ヴィッセル神戸に所属するベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンの妻ポリー・パーソンズさんがSNSを更新。大阪の上方浮世絵館でのショットを公開し、日本の文化を楽しんだようだ。

 現在36歳のフェルマーレンは、アヤックス(オランダ)、アーセナル(イングランド)、ローマ(イタリア)、FCバルセロナ(スペイン)など各国の強豪クラブでプレー。2019年7月に神戸へ加入し、3シーズン目の今季は欧州選手権(EURO)出場で一時チームを離れる時期はあったが、J1リーグ23試合1得点で来季のAFCチャンピオンズリーグ(ACL)出場権獲得に貢献した。

 そんなフェルマーレンの妻ポリーさんがインスタグラムを更新。招き猫をイメージして作られたオブジェがある大阪・難波の上方浮世絵館の前で、フェルマーレン、息子のラフくん、エースくんとの4ショットをアップした。「ミシュラン・グリーンガイド・ジャポン」にも掲載された、上方の浮世絵を楽しめる美術館を訪れたようだ。

 これには、フェルマーレンの神戸の同僚アンドレス・イニエスタの妻・アンナ・オーティズさんも「いいね!」で反応。海外ファンからも「完璧な家族」「楽しそう!」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング