G大阪、2022シーズンの新ユニフォーム発表 際立つ新エンブレム、“青い炎”も表現

新ユニフォームを発表したガンバ大阪【写真:Getty Images】
新ユニフォームを発表したガンバ大阪【写真:Getty Images】

「umbro」が製作した2022シーズンの新ユニフォーム

 ガンバ大阪は12月4日、ダイヤモンドパートナーであるデサントジャパン株式会社が展開する「umbro」(アンブロ)によって製作されたユニフォームを2022シーズンに着用することが決まり、新ユニフォームを発表した。

 今回のユニフォームは、G大阪が創立30周年を機に新たなクラブコンセプトを発表し、その象徴として新しくしたエンブレムをユニフォームの胸の中央に配置。また、新しく掲げたテーマ「BE THE HEAT, BE THE HEART」をベースに、新たなエンブレムと連動し、シンプルながら燃え上がる情熱を表している。

 新エンブレムがより際立つよう、1stはチームカラーであるブルーとブラック、2ndはホワイトをベースとした、いずれも太めのストライプ模様のシンプルなデザイン。エンブレムの要素の1つである“青い炎”を1st のストライプや2nd の襟元のラインでも表現している。

 選手が試合で着用するユニフォームと同仕様のオーセンティックモデル、そして一部デザインを簡略化したレプリカモデルの2種類を販売する。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド