柿谷曜一朗、憧れの大久保からユニフォームもらい歓喜 “ほっこりシーン”に反響「可愛すぎる」

セレッソ大阪FW大久保嘉人と名古屋グランパスFW柿谷曜一朗【写真:Getty Images & 佐藤彰洋】
セレッソ大阪FW大久保嘉人と名古屋グランパスFW柿谷曜一朗【写真:Getty Images & 佐藤彰洋】

11月27日のC大阪対名古屋で激突 大久保からユニフォームをもらい子供のように笑顔

 セレッソ大阪の元日本代表FW大久保嘉人は、今季限りでの現役引退を発表し、リーグ戦は残り1試合となった。そのなかで、Jリーグ公式ツイッターは、前節に対戦した名古屋グランパスの元日本代表FW柿谷曜一朗との心温まるワンシーンにスポットライトを当てている。

 J1最多となる通算191ゴールを決めている39歳の大久保は、11月19日に今季限りでの現役引退を発表。22日の引退会見後、初の試合となった同27日のJ1リーグ第37節名古屋戦では、先発出場して後半40分までプレーし、2-1の勝利に貢献した。

 Jリーグ公式ツイッターが「かつて憧れたヒーローから」と綴って投稿したのは、大久保からユニフォームをもらい、子どものようにはしゃいで喜ぶ柿谷の様子だった。

 柿谷はC大阪のユース出身で、2006年にトップチームに昇格。同年、スペイン1部マジョルカから復帰した大久保とはチームメイトだった。

 大先輩に憧れてきた柿谷は、大久保から「洗えよ。臭いよ(笑)」と言われて受け取ったユニフォームの匂いを嗅ぎ、「めっちゃカッコつけてる匂いしてる(笑)。ヘヘヘ、これええやろ! もうこの先、もらわれへんぞ」と喜びを爆発させた。

 この微笑ましい光景には、ファンからも「みんなほっこり」「永遠のサッカー少年」「この柿谷可愛すぎる」「泣いちゃう」といった声が上がっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド