「日本人の領域超えてくる」 宇佐美貴史、30m個人技ドリブル弾に喝采「うますぎ」

ガンバ大阪でプレーするFW宇佐美貴史【写真:Getty Images】
ガンバ大阪でプレーするFW宇佐美貴史【写真:Getty Images】

第37節の川崎戦で宇佐美が今季6ゴール目、圧巻プレーにファン脱帽

 ガンバ大阪のFW宇佐美貴史が、11月27日のJ1リーグ第37節の川崎フロンターレ戦で華麗な個人技からゴールを奪い、「これは宇佐美を褒めるしかない」と喝采を浴びている。

 試合は前半7分にFWレアンドロ・ダミアン、同9分にMF旗手怜央の連続ゴールでホームの川崎が2-0とリード。劣勢のG大阪が反撃に打って出るなか、同17分に宇佐美が圧巻のプレーを見せる。

 ペナルティーエリア付近でボールを奪ったG大阪がショートカウンターを発動。縦パスに反応したFWパトリックがボールを落とすと、パスを受け取った宇佐美が前を向いた状態でそのままドリブル突破を図る。スピードに乗った仕掛けで2人を一気に置き去りにした宇佐美は、絶妙なタッチでDF谷口彰悟もかわし、さらにGKチョン・ソンリョンの肩口を射抜くシュートでゴールを奪った。

 約30メートルの迫力あふれるドリブル弾をJリーグ公式YouTubeチャンネルも紹介。「宇佐美貴史(G大阪)が、個人技でDFを華麗にかわしてペナルティエリア中央に進入。最後はGKを手玉に取るループシュートを放ち独力で川崎Fゴールをこじ開ける!」とゴール映像を届けている。

 試合はG大阪が1-4と敗れたものの、コメント欄では「うますぎ」「これは宇佐美を褒めるしかない」「これぞ宇佐美」「日本人の領域超えてくる」「代表復帰待ってる」などの声が上がり、宇佐美の今季6ゴール目に注目が集まっていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング