15日に右膝手術のC大阪MF乾貴士、手術日より全治2カ月とクラブが発表

C大阪MF乾貴士【写真:Getty Images】
C大阪MF乾貴士【写真:Getty Images】

右膝軟骨損傷で11月15日に手術

 J1リーグのセレッソ大阪は11月24日、元日本代表MF乾貴士が手術を受けた右膝の回復に関して、全治2カ月と発表した。

 昨季終了後にスペイン1部エイバルを退団となり、今年8月にC大阪に復帰した乾。リーグ戦8試合1得点、ルヴァンカップでも4試合に出場したが、10月30日に行われたルヴァン杯決勝・名古屋グランパス戦(0-2)ではフル出場ながらチームは敗れ、涙を呑んでいた。

 C大阪は11月12日、乾が右膝軟骨損傷で15日に手術を受けるとリリース。全治は手術後に発表となるとしていたが、「手術日より2か月」という診断となった。

 またC大阪は同じく24日、FWアダム・タガートがオーストラリアで左膝半月板損傷の手術を行い、「全治:手術日より2か月」と発表している。


【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド