広島10番MF森島司が右膝手術、全治2か月の診断 19年に日本代表デビューを飾った期待の星

広島MF森島司【写真:Getty Images】
広島MF森島司【写真:Getty Images】

クラブが公式発表

 サンフレッチェ広島は11月24日、10番を背負うMF森島司が広島県の病院で右膝外側半月板部分切除の手術を行ったと発表した。全治2か月と診断されている。

 現在24歳の森島は2016年に広島へ加入。20年からエースナンバーの10番を背負い、今季はリーグ戦29試合(1ゴール)に出場していた。

 年代別の日本代表を経験し、19年にA代表デビューも飾った期待の星。1日も早い復帰が待たれる。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング