大久保嘉人、引退会見でレフェリーに異例の謝罪「本当に迷惑をかけたので謝りたい」

セレッソ大阪FW大久保嘉人【写真:Getty Images】
セレッソ大阪FW大久保嘉人【写真:Getty Images】

22日の引退会見でファンへ「感謝しかない」 レフェリーへ謝罪の弁

 セレッソ大阪の元日本代表FW大久保嘉人の現役引退記者会見が22日に行われ、「本当に迷惑をかけたので謝りたい」と異例の謝罪をしている。

「退場も多かったので『やんちゃ』と言ってもらったことに自分らしいとも思っていた。サッカーの時だけで、負けず嫌いなのは。それを貫けたのが自分らしいと思うし、そこは誇りに思いながら止めていける」

 現役時代は気性の激しいプレースタイルで退場シーンも見られた大久保は、「(ファンの)皆様には感謝しかないし、いろいろな迷惑をかけてきましたけど、それがサッカー選手の大久保嘉人でしたし、この20年間所属したチームの選手、スタッフや関係者の皆様、そして先ほど言い忘れましたけどレフェリーの皆様には本当に迷惑をかけたので謝りたいなと思います。これからサッカー選手ではなくなる以上、レッドカードを貰わないようにやっていきたい」と、レフェリーに対しても謝罪の言葉も口にしている。

 まだチームの試合が続くなか、「まだリーグ戦2試合、天皇杯が勝てば2試合。これだけ最高のチャンス、まだ日本のチームでタイトルを取ったことがない自分に最後のチャンスがあるので、絶対に最後、決勝まで行って今のセレッソのメンバー、スタッフ、関係者と優勝して喜べたらいいなと思っています。自分がサッカーをするのも最後になると思うので、目に焼きつけてくれれば嬉しいです」と締めくくっていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング