「まさか嘉人まで、、、」 松井大輔、大久保の現役引退で惜別の思い出2ショット投稿

Y.S.C.C.横浜のフットサルチームに所属する元日本代表MF松井大輔(※写真は横浜FC時代)【写真:高橋 学】
Y.S.C.C.横浜のフットサルチームに所属する元日本代表MF松井大輔(※写真は横浜FC時代)【写真:高橋 学】

阿部勇樹に続き、大久保嘉人も今季限りで現役引退

 セレッソ大阪の元日本代表FW大久保嘉人が11月19日、今季限りで20年間の現役生活にピリオドを打つと発表した。同じアテネ五輪世代の元日本代表MF松井大輔は、自身のインスタグラムで数々の2ショットとともに、「まさか嘉人まで、、、」と胸中を綴った。

 現在39歳の大久保は2001年にC大阪でJリーグデビューを飾り、以降はマジョルカ(スペイン)、ヴィッセル神戸、ヴォルフスブルク(ドイツ)、川崎フロンターレ、FC東京、ジュビロ磐田、東京ヴェルディなどを渡り歩き、今季からC大阪でプレー。日本代表としても長年活躍し、2010年と14年のワールドカップに出場。通算60試合6ゴールをマークしている。

 そのなかで11月19日、「今シーズンをもちまして引退することを決断しました。20年間という長い期間、プロサッカー選手として走り続けられたのは、日本サッカー界、そして所属させてもらったクラブの関係者、ファン・サポーターの皆さまのおかげです」と現役引退を発表した。

 アテネ五輪世代では、浦和レッズのMF阿部勇樹が11月4日に今季限りでの現役引退を発表したばかり。大久保も続く形になり、五輪やワールドカップ(W杯)でも共闘した松井大輔がインスタグラムで思いを綴った。

「大久保嘉人 引退。まさか嘉人まで、、、高校の時からよく戦いましたね。日本代表では仲間になって共に世界の舞台に立ちました。最高のストライカー。寂しすぎる。お疲れ様。今度みんなでディズニーランドいこう。笑」

 シーズン終了後には、2人のサッカー談義に花が咲きそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング