「美しい」 元スペイン代表FW、「日本の素敵な場所発見」名所&絶景ショットに驚き

ヴィッセル神戸FWボージャン・クルキッチ【写真:小林 靖】
ヴィッセル神戸FWボージャン・クルキッチ【写真:小林 靖】

今夏に神戸加入のスペイン人FWボージャン、すっかり日本の虜に

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWボージャン・クルキッチは治療のため母国に一時帰国しているなか、すっかり日本の魅了された様子で「日本の素敵な場所を発見」と名所や絶景ショットを公開している。

 今夏、神戸に加入したボージャンはJ1リーグ第24節のサンフレッチェ広島戦でJリーグデビュー。途中出場した第31節の浦和レッズ戦では全力プレスからボールを奪い、鮮やかなミドルシュートを叩き込んでJリーグ初ゴールをマークするなど、新戦力として期待感が高まっていた。

 しかし、10月24日に豊田スタジアムで行われた第33節の名古屋グランパス戦で負傷し、右ハムストリング(大腿二頭筋)肉離れと診断。全治8週間の見込みで、治療のため現在は母国へ一時帰国している。

 復帰に向けてリハビリに励む一方、自身のインスタグラムに「日本の素敵な場所を発見」と記して、日本で撮影した写真や動画の数々をアップ。清水寺や金閣寺などで撮影した美しい写真や動画、浴衣の女性たちや神戸のスペイン人MFセルジ・サンペールと写った1枚などが並ぶ。

 再来日を待ち遠しくしている様子が写真からも伝わるなか、ファンも「素敵!」「素晴らしい」「美しい場所」と反応している。

 ボージャンは帰国時に「来シーズン、必ず今よりも強くなって帰ってきます」とファンに誓っており、完全復活したアタッカーの姿が来季見られるはずだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド