MF阿部勇樹、現役キャリア終焉へ…浦和レッズでの”心残り”は? 「1つ挙げるなら…」

浦和レッズの元日本代表MF阿部勇樹【写真:轡田哲朗】
浦和レッズの元日本代表MF阿部勇樹【写真:轡田哲朗】

浦和には通算14シーズン籍を置き、クラブに多くの功績を残す

 浦和レッズの元日本代表MF阿部勇樹が11月14日にさいたま市内で記者会見を行い、今季限りでの現役引退を発表した。通算14シーズン在籍した浦和でのキャリアを振り返り、”心残り”とする事柄にも触れた。

 阿部はジェフユナイテッド市原(現千葉)のユースに所属していた1998年8月に16歳でJリーグデビュー。07年に浦和へ移籍すると1年目からAFCチャンピオンズリーグ(ACL)制覇に大きく貢献。10年南アフリカ・ワールドカップ(W杯)に出場すると、イングランドへ移籍してレスターで1年半プレーした。12年にミハイロ・ペトロヴィッチ監督の就任と同じタイミングで浦和に復帰すると、主将としてチームをまとめた。17年には2回目のACL制覇を果たした。

 引退会見で「今年、始まった時点である程度、自分の年齢も考えて勝負の年、最後の年になるのではないかと考えていた。実際に自分の中で決めたのは、40歳の誕生日を迎える前には決めてクラブに伝えたいという思いがあったので、9月の頭にはクラブに伝えさせてもらった」と決断までの経緯に触れ、「本当に幸せなサッカー人生でした」と現役生活を振り返った。

 浦和には通算14シーズン籍を置き、クラブに多くの功績を残した。充実のキャリアを過ごしてきたベテランは「心残りは1つ挙げるとしたら、浦和レッズは昨年から3年計画という言葉で始めて2年目で、来年が3年目。それを一緒に戦えたらという考えもありましたけど、それができずに申し訳ないなと思う」と言及。クラブ改革に向けて打ち出された3年計画の途中で退くことへの葛藤を明かした。

「多くの方にメッセージをいただいて、3年計画の最終の時にいなくてどうするんだという言葉もいただいた」というが引退については自分の考えを尊重。「僕自身も来年、浦和レッズがどうなっていくのか楽しみだし、一緒に戦っている気持ちでやっていきたい」と、誓った。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング