「俺のがまだうまいけど!笑」 乾貴士、入院前の心温まる“親子リフィテング”公開

セレッソ大阪の元日本代表MF乾貴士【写真:Getty Images】
セレッソ大阪の元日本代表MF乾貴士【写真:Getty Images】

右膝軟骨損傷で15日に手術、入院前に撮影した親子動画をアップ

 セレッソ大阪の元日本代表MF乾貴士が11月15日に右膝の手術を行うなか、入院前に息子と行った親子リフティングの様子を公開。子供の成長に目を細めつつ、「怪我してる俺のがまだうまいけど!笑」とちゃめっ気も見せている。

 今月12日、右膝軟骨損傷により乾が手術を受けるとクラブが発表。乾もツイッターで「初めての手術、そしてこんなにサッカーから離れるのは初めてなんで不安ですが、来季は100%でやれるように、今年悔しい思いをしたリベンジをするために強くなって帰ってきます」と発信していた。

 再びSNSを更新した乾は「今日から入院するからちょっとだけ会えないから、入院前にこうきとちょっとだけサッカー」と記して1本の動画をアップ。入院前に撮影した動画では、乾と息子が並んで立ち、リフティングでパス交換する様子が収まっている。

「これぐらいしかできひんけど でも、こうきもだいぶリフティングできるようになったなぁ」と成長に嬉しさをにじませる乾。「怪我してる俺のがまだうまいけど!笑」とジョークも飛ばしつつ、「パワーもらったから頑張ろう!! でも、やっぱり手術嫌やなぁ。笑」と締めくくっていた。

 親子の心温まるパス交換映像を受けて、ファンから「1日も早い回復をお祈りします」「きっと大丈夫」「セレッソに帰ってきてくれるのを待ってます」とエールが寄せられている。

 なお、全治は手術後に発表される。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド