C大阪、今夏復帰のMF乾貴士が右膝軟骨損傷で15日に手術と発表

セレッソ大阪に復帰したMF乾貴士が手術へ【写真:Getty Images】
セレッソ大阪に復帰したMF乾貴士が手術へ【写真:Getty Images】

以前から違和感があった右膝を手術へ

 J1リーグのセレッソ大阪は12日、元日本代表MF乾貴士が以前から違和感があったという右膝の手術を15日に行うことを発表した。

 乾はプロ2年目の2008年途中から11年までC大阪に所属。09年にはJ2で47試合20得点を挙げるなど成長を遂げ、11年夏に海外へと羽ばたいた。

 その後、ドイツで5シーズン(ボーフム、フランクフルト)を過ごし、15年夏に念願だったスペイン1部のリーガ・エスパニョーラへ。エイバル、ベティス、アラベスの3クラブで通算165試合16ゴールをという結果を残した。

 昨季終了後にエイバルを退団となり、今年8月にC大阪に復帰。リーグ戦8試合1得点、ルヴァンカップでも4試合に出場したが、10月30日に行われたルヴァン杯決勝・名古屋グランパス戦(0-2)ではフル出場ながらチームは敗れ、涙を呑んでいた。

 クラブの発表によれば、右膝軟骨損傷で、乾は以前から違和感があったという。15日に手術を受ける予定で、全治は手術後に発表となる。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング