「仕上がってきてる」 マジョルカ久保、最新の“ハードトレーニング姿”にファン注目

マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

体幹や筋トレを重点的に消化

 スペイン1部マジョルカの日本代表MF久保建英が膝の負傷で離脱しているなか、クラブ公式が最新のトレーニング映像を公開。「仕上がってきてる」「どんどん逞しくなってる!」などの声が上がっている。

 久保は9月22日のリーガ第6節レアル・マドリード戦(1-6)に出場するも前半のみの途中交代。膝を負傷し、同26日での第7節オサスナ戦(2-3)では松葉杖姿で試合を観戦する姿も捉えられていた。

 クラブ公式YouTubeチャンネルは「ジムでのタケ・クボの練習」と題した動画をアップ。クラブの理学療法士とともに、バランスボールの上でのトレーニング、小刻みなステップを踏むメニューのほか、プランクなどの体幹や腹筋といった筋トレ姿が収められている。

 リハビリのギアも上がってきている感があり、ファンからは「仕上がってきてる」「徐々に足の筋肉がついてきてる」「早くボール蹴ってるところ見てみたい」「どんどん逞しくなってる!」といった声が上がった。

 マジョルカは直近のリーグ戦5試合で4戦連続引き分けを含む5戦未勝利。個で打開できる久保の復帰は、チームとしても待ち遠しいところだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング