「ほぼわかった!」 助っ人Jリーガー、日本語・実用会話勉強シーンに驚き「発音いい」

ガンバ大阪FWパトリック【写真:Getty Images】
ガンバ大阪FWパトリック【写真:Getty Images】

G大阪FWパトリックが日本語勉強、母と息子の1人2役でやり取り

 ガンバ大阪のブラジル人FWパトリックは日本国籍取得を目指して日本語の勉強に励むなか、会話の勉強シーンを公開。「発音いいね!」「上達してます!」と反響を呼んでいる。

 2013年に母国ブラジルのアトレチコ・ゴイアニエンセから川崎フロンターレ期限付き移籍しパトリック。ヴァンフォーレ甲府を経てブラジルへ1度戻り、14年夏にG大阪へ加入した際には国内3冠に大きく貢献した。

 今季でJリーグ8シーズン目を迎えるパトリックは日本語でツイッターを更新。「今日の勉強は母と息子のテキストで、彼らの会話の意味を理解しようとしています。すみません、発音が徐々に上達していますか!! 私の発音がわかりますか? 少しでもミンナに近づいて日本語でミンナとコミュニケーションとりたいです!!」と記し、1本の動画をアップした。

 動画では、パトリックがテキストを見ながら会話形式の日本語を勉強。母&息子の1人2役を演じて日本語のやり取りを見せており、「おかえり。今日遠足どうだった? 雨だったでしょ?」「楽しかった。雨が降らなかったよ」などと続く、一連の会話シーンを届けた。

 ファンから「発音いいね!」「上達してます!すごいです!」「言葉に感情が乗ってて、とても良い」「すげー!ほぼわかった!」などの声が上がり、流暢な日本語の発音に驚きが広がっている。

 11月7日の第35節大分トリニータ戦(3-2)でハットトリックと爆発したパトリック。今季ここまで30試合出場12ゴールとチーム最多得点を叩き出しており、日々向上している日本語能力もピッチでのパフォーマンスに好影響を与えていそうだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング