FC東京DF森重真人、辞任の長谷川監督に感謝ツイート「取り戻す事はできないけど…」

FC東京でプレーするDF森重真人【写真:Getty Images】
FC東京でプレーするDF森重真人【写真:Getty Images】

横浜FM戦でクラブワーストの8失点を喫し、翌日に長谷川監督の辞任が決定

 FC東京は6日、敵地でのJ1リーグ第35節で横浜F・マリノスに0-8と大敗を喫した。クラブのワースト失点記録を14年ぶりに更新する形になり、翌7日に指揮を執っていた長谷川健太監督の辞任が決定。元日本代表DF森重真人は自身のツイッターに、「取り戻す事はできないけど、健太さんには感謝しかないです」と思いを綴った。

 前半10分、日本代表FW前田大然に先制点を与えたFC東京は、その後同24分までに2失点。同39分にはDF森重真人が2枚目の警告を受けて退場処分となると、ハーフタイムまでにさらに1失点。数的劣勢となり、後半開始から左サイドに入っていたアタッカーのMF東慶悟を3バックの中央に置き、5バック的なフォーメーションを組んだが、スクランブル体制も横浜FMの勢いを止めるには至らず、さらに4失点を喫するなど守備が崩壊して0-8で敗れた。

 2位の横浜FMに力の差を見せつけられたFC東京にとって、J1リーグでの8失点はクラブ史上ワースト記録。これまでのクラブワースト記録は2007年川崎フロンターレ戦(0-7/味スタ)の7失点で、14年ぶりに記録を更新することになった。

 FC東京は翌7日、長谷川監督より辞任の申し入れを受け、受理することを決定したと発表。後任監督は決まり次第発表するとしている。

 そのなかで、横浜FM戦で退場処分となった森重がツイッターを更新。「昨日が最後の試合になってしまって悔しいし情けないし申し訳ないです。取り戻す事はできないけど、健太さんには感謝しかないです。そして昨日最後まで応援してくれたファン、サポーターをまた笑顔にできるように」と綴り、4シーズン苦楽をともにした指揮官に感謝するとともに、残り3試合でファン・サポーターを笑顔にできる戦いを誓った。

【登録初月無料!】世界最高峰のプレミアリーグはDAZNで配信中!

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング