「これだけこてんぱんにやられたのは初めて」 FC東京の長谷川監督、クラブワースト8失点の大敗を悔恨

FC東京を率いる長谷川健太監督【写真:高橋 学】
FC東京を率いる長谷川健太監督【写真:高橋 学】

横浜FMの前田にハットトリックを決められるなど8失点

 FC東京は6日、J1リーグ第35節で横浜F・マリノスと対戦し、日本代表FW前田大然にハットトリックを許すなど大量8失点で敗れた。これまでのクラブワースト記録は2007年川崎フロンターレ戦(0-7)の7失点で、14年ぶりに記録を更新する形になり、長谷川健太監督は試合後、「悔しさを通り越して情けないと言うしかない。」と肩を落とした。

 前半10分、前田に先制点を与えたFC東京は、その後同24分までに2失点。同39分にはDF森重真人が2枚目の警告を受けて退場処分となると、ハーフタイムまでにさらに1失点、後半には4失点を喫するなど守備が崩壊して0-8で敗れた。

 2位の横浜FMに力の差を見せつけられたFC東京にとって、J1リーグでの8失点はクラブ史上ワースト記録。これまでのクラブワースト記録は2007年川崎フロンターレ戦(0-7/味スタ)の7失点で、14年ぶりに記録を更新することになった。

 長谷川監督は試合後のオンライン会見で、開口一番「今日は本当にやられました」と悔しさをにじませた。

「自分が監督をやっていて、これだけこてんぱんにやられたのは初めて。悔しさを通り越して情けないと言うしかない。選手は最後までやってくれたし、サポーターも応援を止めずに応援し続けてくれたことには感謝しています。これも自分の力のなさ。悔しいです。この悔しさを返せるように、自分自身、力を蓄えていきたいと思っています」

 大敗の悔しさを堪えつつ、長谷川監督は最後まで戦った選手や応援してくれたサポーターに感謝の言葉を述べていた。

(Football ZONE web編集部)


page 1/1

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング