「素晴らしい!」 元スペイン代表FW、「侘寂(わびさび)」“美文字”書道ショットに反響

神戸FWボージャン【写真:小林 靖】
神戸FWボージャン【写真:小林 靖】

神戸FWボージャンが「日本の考え方」に感銘 陣内雅文氏が書いた「侘寂」紹介

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWボージャン・クルキッチが自身のインスタグラムを更新。「侘寂」(わびさび)の美しい書道ショットを公開し、反響を呼んでいる。

 スペインの名門バルセロナの下部組織で育ったボージャンは2007年に17歳でトップデビューを飾り、元スペイン代表MFアンドレス・イニエスタ(神戸)やアルゼンチン代表FWリオネル・メッシ(パリ・サンジェルマン)らと共闘。11年以降は欧州やアメリカのクラブを渡り歩き、今年8月に神戸へ加入した。

 10月2日の第31節浦和レッズ戦(5-1)で猛プレスからボールを奪い、豪快な来日初ゴールをマーク。しかし、同24の第33節名古屋グランパス戦(2-2)で負傷交代し、戦線から離脱している。

 そんなボージャンがインスタグラムを更新。「わびさび(侘寂)とは、不完全なものの美しさを成長の機会として捉える日本の考え方です」と発信し、書道の道具などを紹介した。

 さらに陣内雅文氏が書いた美しい「侘寂」の色紙を持ち、書道ショットを届けている。ファンから「素晴らしい」などの声が上がり、「いいね!」も続々と寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング