「この国を愛してる」 スペイン人J助っ人、日本満喫ショットに称賛の声「嬉しい」

ヴィッセル神戸でプレーするFWボージャン・クルキッチ【写真:小林 靖】
ヴィッセル神戸でプレーするFWボージャン・クルキッチ【写真:小林 靖】

神戸FWボージャン、神戸の観光地を訪れた際の写真をSNSにアップ

 ヴィッセル神戸の元スペイン代表FWボージャン・クルキッチが、自身の公式ツイッターを更新。神戸の人気観光地を訪れた際の写真を添え「この国を愛している」と綴ると、ファンからは賛辞が寄せられている。

 今夏神戸に加入したボージャンは、スペインの名門バルセロナの下部組織で育ち、2007年に17歳でトップデビュー。イニエスタやアルゼンチン代表FWリオネル・メッシらとともに将来を嘱望されるアタッカーとしてキャリアを積んだ。

 第24節のサンフレッチェ広島戦(1-1)でJリーグデビューを果たすと、第31節の浦和レッズ戦(5-1)では全力プレスからボールを奪い、鮮やかなミドルシュートをたたき込んでJリーグ初ゴールをマーク。しかし、第33節名古屋グランパス戦(2-2)で右脚を痛め、現在は戦列を離れている。

 そんななか、自身の公式ツイッター上で、神戸の観光スポットを訪れた際の写真をアップ。半袖にダウンベストを羽織ったコーディネートのボージャンが、神社の鳥居を歩く様子や幼女と2ショットで収まった姿など、4枚の写真が公開されている。

 投稿には「神戸。私はこの街が大好きです。この国を愛してる」とも綴られ、ファンからは「こんな事言ってくれるなんて嬉しい」「神戸楽しんでそうでよかった」「日本を満喫してるようで嬉しい」「神戸を好きになってくれてありがとう」といった称賛の声が寄せられている。

 これまで欧州やアメリカのクラブを渡り歩き、今夏初来日を果たしたばかりのボージャン。先日には左上腕に漢字のタトゥーを入れたことを報告するなど、日本を満喫しているようだ。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング