日本代表、最新「推定市場価格ランキング」トップ10は? 急成長株が上位ランクイン

冨安健洋を上回る日本人は? 26億2000万円の値札、複数の欧州クラブが注視

 4位からついに1000万ユーロ(約13億1000万円)の大台に乗り、ドイツで確固たる名声を手にする遠藤航(シュツットガルト/ドイツ)が入った。対人プレーや球際での強さは海外でも認められており、日本代表でも持ち味を随所に披露。いまや中盤に欠かせない1人で、森保ジャパンの屋台骨を支えている。

 1200万ユーロ(15億7200万円)の評価を受けるのが、名門リバプール(イングランド)に所属する南野拓実だ。今季の出場機会は限られているものの、名将ユルゲン・クロップのお眼鏡にかなった実力は本物。森保ジャパンでも高い得点力を発揮し、W杯予選連続ゴール7試合の結果を残した。本田圭佑を超える8試合連続記録の更新はならなかったものの、森保ジャパンの中軸を担う存在だ。

 2位は名門アーセナル(イングランド)で地歩を固めつつある冨安健洋。現在2000万ユーロ(26億2000万円)の評価ながら、このままプレミアリーグで活躍すれば価格高騰の予感が漂う。日本代表では吉田とCBで不動のコンビを組み、ベテランのようなプレーぶりでチームに落ち着きをもたらす。将来、日本代表のレジェンド入りも見込める急成長株は、まだまだ自身の価値を高めるだろう。

 注目の1位は、イタリアの名門ACミラン移籍も噂される鎌田大地(フランクフルト/ドイツ)。冨安を上回る2500万ユーロ(32億7500万円)の値札が付いており、複数の欧州クラブが注視する日本人アタッカーだ。

 今季は際立つ結果を残せていなかった鎌田だが、10月21日のUEFAヨーロッパリーグのグループリーグ第3節オリンピアコス戦(3-1)で今季公式戦初ゴールを叩き込み、復調の兆しを見せている。攻撃で違いを作り出せるテクニックと創造性を併せ持ち、随所にサッカーセンスも光らせる25歳は今季さらなる飛躍を遂げるのか注目が集まる。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド