ワッキーさんの元札幌FW”ゴール後落下”モノマネに反響 「クオリティ高い」「懐かしい」

今夏までコンサドーレ札幌に在籍したFWアンデルソン・ロペス【写真:Getty Images】
今夏までコンサドーレ札幌に在籍したFWアンデルソン・ロペス【写真:Getty Images】

ワッキーさんの「Jリーグモノマネシリーズ」で元札幌FWのA・ロペスをモノマネ

 お笑いコンビ「ペナルティ」のワッキーさんは、「Jリーグモノマネシリーズ」と題し、自身のSNSで選手や監督のモノマネ動画を披露している。今夏までコンサドーレ札幌に在籍したFWアンデルソン・ロペスが2019年にゴールを決めた後、看板裏のスペースに2メートル近く落下する珍事を再現すると「懐かしい」「落ち方超似てる」などの声が上がっている。

 A・ロペスは、2019年のJ1リーグ第3節清水エスパルス戦(5-2)で4ゴールの活躍を披露。後半4分の得点後、ゴール裏に設置されていた電光の広告看板を越えてジャンプすると、看板裏のスペースに2メートル近く落下するハプニングに見舞われ話題になった。

このシーンを再現すべく、ワッキーさんは「ゴールした後 勢いあまってものすごい段差に落下してしまう 元札幌のアンデルソン・ロペス選手」と紹介し、動画をアップ。A・ロペスになりきり、ゴールを決めた後に喜びながら高さのある場所からジャンプをして姿を消した。

 投稿には、ファンから「懐かしい」「あかん、吹き出す」「落ち方超似てる」「声出して笑っちゃった…笑」「クオリティ高い」と多くのコメントが寄せられており、反響を呼んでいた。

page1 page2 page3

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング