マジョルカ久保、膝のリハビリ”現況”を報告 「予想より良い状態と言える」

マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカの日本代表MF久保建英【写真:Getty Images】

クラブ公式YouTubeチャンネル上のインタビューで、怪我の回復状況に言及

 スペイン1部マジョルカは、公式YouTubeチャンネル上で日本代表MF久保建英のインタビュー動画を公開。ピッチ外から見たチームの印象や怪我の回復状況に言及している。

 今季2シーズンぶりにマジョルカへ復帰した久保は、ここまでリーグ戦6試合に出場。開幕から主力へ定着していたが、9月22日のリーガ第6節レアル・マドリード戦(1-6)で膝を負傷し、同26日での第7節オサスナ戦(2-3)では松葉杖姿で試合を観戦する久保の姿も捉えられていた。

 現在は怪我の回復に努めており、練習を再開した様子も見せていた久保。そんななか、YouTubeチャンネル上ではインタビュー動画がアップされた。

 冒頭で久保は「怪我をしている時は難しいもの。それに僕にとっては幼い頃にサッカーを始めてからこれが最初の怪我になるからなおさら。でもマジョルカで皆が僕に親切にしてくれ、チームの試合を見るのも楽しんでいる」とコメント。ピッチ外からチームの戦いぶりを眺めるのは”楽しい”としつつも、やはりピッチ上でプレーできないことへの葛藤もあるようだ。

「実際のところ見るよりプレーするほうが良い。それははっきりしている。楽しむと同時に苦しんでいる。今はよりファンの気持ちが分かる。彼らがどう試合を見ているのかってことがね。いま僕は1人のファンとして試合を見ている。楽しむけど、チームが悪い流れだと僕も苦しい」

 膝の負傷後、1カ月あまり経過したが、インタビュー中には怪我からの回復状況にも言及。「現状ですべては予定通りに進んでいるけど、予想より良い状態って言えるかもしれない。理学療法士やドクターが僕をしっかりサポートしてくれていて、一歩ずつ進んでいるけど僕の状態は良い」と、好感触を抱いていることを明かした。

 2年ぶりに復帰したマジョルカでのシーズンについて「怪我が少しマイナスになっている」としつつも、「それまで良いシーズンを送っていたと思うし、怪我から復帰したらチームの助けになるようにやっていく」と誓った久保。当初は”重傷説”も囁かれたが、本人の口からは至って順調な回復ぶりが窺えた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング