「めっちゃいい…」 ベルギー代表DF、日本「ワンダーランド」満喫ショットに反響

神戸のベルギー代表DFフェルマーレン【写真:井上智博】
神戸のベルギー代表DFフェルマーレン【写真:井上智博】

大阪の法善寺横丁を家族で訪れてリフレッシュ

 ヴィッセル神戸に所属するベルギー代表DFトーマス・フェルマーレンの妻・ポリー・パーソンズさんがSNSを更新。フェルマーレンや子どもと大阪で撮影した「ワンダーランド」ショットを公開し、反響を呼んでいる。

 現在35歳のフェルマーレンは2019年7月にFCバルセロナから神戸へ加入。1年目は8試合に出場し、天皇杯ではチームの初タイトル獲得に貢献した。

 今季はJ1リーグ第14節のセレッソ大阪戦でJリーグ初ゴールをマーク。ここまでリーグ戦18試合に出場し、安定したパフォーマンスで欠かせない戦力になっている。

 そんななか、妻のポリーさんがインスタグラムを更新。大阪の法善寺横丁を家族で訪れた際の1枚をアップした。日本の文化ときらびやか繁華街のにぎわいが入り交じった独特の世界観に驚いた様子で「ワンダーランド」と綴っていた。

 コメント欄では拍手の絵文字などが並び、「家族揃った写真幸せそう」「めっちゃいい写真」「これ大好き」などの声も上がっている。フェルマーレン一家は日本の文化に触れながら、充実の日々を過ごしている模様。フェルマーレン自身も家族とともにリフレッシュを図り、試合に向けて英気を養っていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング