ドイツで現存する最後のサッカー選手? 板倉滉の同僚を「代表に!」…ファンが叫ぶ理由

板倉滉が所属するドイツ2部シャルケでプレー、今季10試合で11ゴールと活躍

 2015-16シーズンにボーフムで25得点、16-17シーズンはシュツットガルトで25点、そして18-19シーズンにはケルンで29点を挙げ、それぞれで得点王に輝いている。

 ストライカーとしての動きが素晴らしく、特に相手DFの隙を見つける能力に優れている。真っ直ぐにゴールに向かうのではなく、相手守備から離れるように動いた後、タイミングよくスペースに入り込む。そしてシュートへの動きがとにかくスマートでシンプル。ボールを受けてからシュートに持ち込むまでの動作がセットになっているのだ。192センチの長身を生かしたヘディングも魅力。相手DFを力強くブロックし、制空権を掌握する。

 今季テローデは、日本代表DF板倉滉が所属するドイツ2部シャルケでプレーをしているが、第10節終了時ですでに11ゴールをマーク。シャルケファンから愛されている。そして2部リーグにおける通算ゴール数は歴代トップとなる153ゴールまで更新中だ。

 ではなぜ1部リーグでは活躍できないのだろうか? 元シャルケ監督のペーター・ノイルーラ氏はこんな指摘をしていた。

「2部リーグではシモン・テローデの得点力を生かすためのシステムがチームとして考えられるし、それが機能する。ただ1部に昇格すると監督はそのシステムを変更する。守備ラインを下げ、ボール奪取から素早いカウンターという攻撃にばかり活路を見出そうとする。ただそうしたサッカーにテローデは合わない。テローデのようなFWを生かすためには、自分たちでボールを保持し、相手陣内へ押し込み、サイドからのクロスを増やしてというやり方を取る必要があるが、そのための勇気が残留を争うようなクラブにはない。失点を増やしたくはないという思いが先にくるからだ」

page1 page2 page3

中野吉之伴

1977年生まれ。武蔵大学人文学部欧米文化学科卒業後、育成層指導のエキスパートになるためにドイツへ。地域に密着したアマチュアチームで様々なレベルのU-12からU-19チームで監督を歴任。2009年7月にドイツ・サッカー協会公認A級ライセンス獲得(UEFA-Aレベル)。SCフライブルクU-15チームで研修を積み、2016-17シーズンからドイツU-15・4部リーグ所属FCアウゲンで監督を務める。『ドイツ流タテの突破力』(池田書店)監修、『世界王者ドイツ年代別トレーニングの教科書』(カンゼン)執筆。最近はオフシーズンを利用して、日本で「グラスルーツ指導者育成」「保護者や子供のサッカーとの向き合い方」「地域での相互ネットワーク構築」をテーマに、実際に現地に足を運んで様々な活動をしている。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング