「日本のキング」 セルティック古橋、鮮烈な復帰弾 海外ファン熱狂「異次元」と喝采

セルティックのFW古橋亨梧【写真:Getty Images】
セルティックのFW古橋亨梧【写真:Getty Images】

第8節アバディーン戦でリーグ戦4試合ぶりスタメンの古橋、今季4ゴール目をマーク

 セルティックの日本代表FW古橋亨梧は、現地時間2日に行われたスコティッシュ・プレミアシップ第8節アバディーン戦でリーグ戦4試合ぶりにスタメン出場し、フル出場した。怪我から復帰した一戦の前半11分には先制ゴールを決め、2-1の勝利に貢献。リーグ戦復帰弾を伝えたクラブ公式ツイッターに称賛の声が集まっている。

 古橋はカタール・ワールドカップアジア最終予選の中国戦で膝を負傷し戦線離脱するも、9月30日に行われたUEFAヨーロッパリーグ(EL)第2節レバークーゼン戦(0-4)でスタメン復帰。2日のアバディーン戦で4試合ぶりとなるリーグ戦先発を飾った。

 すると開始11分、怪我から復帰した日本人アタッカーが躍動する。MFデイヴィッド・ターンブルからの右クロスに対してファーサイドで反応。胸で押し込む今季4ゴール目でチームに先制ゴールをもたらした。

 セルティックの公式ツイッターが古橋のゴールを速報。すると「生涯契約+日本代表禁止」「日本のキング」「異次元」「キョウゴのポジショニングは完璧な教科書」などの声が海外ファンから寄せられ、熱狂が広がっている。

 なお、セルティックは後半序盤に追いつかれたものの、同39分にMFジョアン・フィリペが勝ち越しゴールを奪い、3試合ぶりの勝利を飾った。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング