“ハマの韋駄天”仲川輝人、決勝点を呼ぶ超速ボール奪取に感嘆の声 「スピード違反」

湘南ベルマーレ戦の勝利に貢献したFW仲川輝人【写真:Getty Images】
湘南ベルマーレ戦の勝利に貢献したFW仲川輝人【写真:Getty Images】

仲川が敵陣で湘南DF石原広からボールを奪い、前田のゴールをお膳立て

 横浜F・マリノスは1日、敵地でのJ1リーグ第31節・湘南ベルマーレ戦で1-0と勝利し、3試合ぶりの白星を手にした。決勝ゴールを呼んだFW仲川輝人の超絶ボール奪取が反響を呼んでいる。

 首位の川崎フロンターレを追いかける横浜FMだが、8月28日のJ1リーグ第27節・鹿島アントラーズ戦からの4試合で1勝1分2敗と失速。逆転優勝を狙ううえで、もう一戦も落とせない状況で湘南との神奈川ダービーを迎えた。

 スコアレスのまま試合が進むなか、後半21分に横浜FMがゴールをこじ開ける。仲川が圧倒的なスピードで敵陣のルーズボールを追いかけ、湘南DF石原広教の隙を突いてボールを奪取。右サイドからペナルティーエリア内に入り込んで中央へドリブル突破を図り、ゴール前のスペースへラストパス。これに走り込んだFW前田大然がスライディングでゴールへ押し込み、先制点かつ決勝点を挙げた。

 前田のリーグトップの17ゴール目を紹介するJリーグ公式ツイッターの投稿には、仲川のプレーに対して「スピードすごっ」「あれをマイボールにするのがエグいって」「スピード違反だわ」「テルがテルらしくてそれを大然が決めてくれてありがとう!!」といった驚きの声が多数寄せられていた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド