ハーランドが圧巻の一撃! GKの頭上越え…“空中ボレー弾”を海外称賛「言葉を失う」

ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:AP】
ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランド【写真:AP】

ウニオン・ベルリン戦で2ゴール奪取、後半38分の一撃に海外メディア熱視線

 ドルトムントのノルウェー代表FWアーリング・ブラウト・ハーランドが現地時間19日のブンデスリーガ第5節のウニオン・ベルリン戦(4-2)で圧巻のジャンピングループボレー弾を含む2得点で勝利に貢献した。ドルトムント加入後67試合で68得点と1試合1得点ペースを上回る脅威の決定力を海外メディアがこぞって称賛している。

【PR】サッカー観るならDAZN、オリジナルコンテンツも充実 入会はこちら

 MF遠藤渓太、MF原口元気が所属するウニオン・ベルリンをホームに迎えたドルトムントは前半10分にDFラファエル・ゲレイロの豪快なミドルシュートで先制。さらに同24分には右からのクロスをハーランドが頭で押し込んでリードを広げた。

 後半7分にはオウンゴールで3点差としたドルトムントだったが、同12分のFWマックス・クルーゼのPK、同36分のFWアンドレアス・フォクルザマーのゴールで1点差と詰め寄られる。それでも最後にエースのハーランドが鮮烈な一撃で試合の行方を決定づけた。

 後半38分、21歳のノルウェー代表FWはDFマッツ・フンメルスのロングフィードに抜け出すと、高くバウンドしたボールに合わせるようにジャンプし、そのまま左足でボレーシュート。体制を崩しながらも、飛び出したゴールキーパーの頭上を抜く技ありのループシュートでゴールネットを揺らした。

 ブンデスリーガ公式ツイッター英語版は圧巻のゴラッソについて「言葉を失う」とツイート。また「ESPN FC」公式ツイッターは、ハーランドがこの日の2ゴールでドルトムント加入後67試合68得点となったことを伝え、「この世の者ではない」とその並外れた決定力を称えた。

 今季ブンデスリーガ7点目でバイエルン・ミュンヘンのポーランド代表FWロベルト・レバンドフスキと並ぶ得点ランキングのトップタイに浮上したハーランド。昨シーズンはUEFAチャンピオンズリーグでも10得点を決め、王者バイエルンを相手にスーパーカップとリーグ戦の計3試合で4得点と、もはやゴールを奪う相手は選ばない。21歳のゴールマシンを止められるチームは存在するのだろうか。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も