群馬新人GKが熱いワケ 観る者の心を打つ“魂の鼓舞”の原点、その先に見据える恩返し

早稲田大から加入した新人GK山田晃士は熱い声掛けが大反響【写真:©THESPA】
早稲田大から加入した新人GK山田晃士は熱い声掛けが大反響【写真:©THESPA】

“Jリーガー・山田晃士”を世間に知らしめた「魂の鼓舞」動画

 大声を張り上げ、仲間を鼓舞する――。スポーツの世界では、見慣れた光景かもしれない。そのなかで、ピッチに向かう選手たちを奮い立たせるように、自分の中からこみ上げてくる熱い言葉をぶつけているJリーガーがいる。ザスパクサツ群馬所属、GK山田晃士。今年プロの世界に足を踏み入れた、若き“熱血漢”のルーツに迫った。

   ◇   ◇   ◇   

“Jリーガー・山田晃士”にスポットライトが当たったきっかけは、群馬公式YouTubeチャンネルにアップされた一本の動画だった。「【情熱】魂の鼓舞」と題された映像では、大卒ルーキーが試合前、チームメートに熱のこもった“ゲキ”を飛ばしている。

「大武峻ここにあり、示しましょうよ!」
「祐三、ハードワーク、いつも通り。プレスバック、スライド、球際!」
「縦横無尽だよ、こじ! 走れるぞ、今日も!」
「昇偉! お前の攻撃センス見せてやれよ!」
「行こう、ミスターマイペース、行こう」

 この動画を告知した群馬のツイートに、Jリーグきっての“SNSマスター”である浦和レッズの元日本代表DF槙野智章が、「こういう選手がチームに居る事は本当に心強いし、頼もしい! 何よりも言葉のセンスがある! 1人1人のキャラクターに応じたセンテンスでモチベーションを上げる手法! 是非、俺にも声をかけてくれ」と反応したことで、瞬く間にその存在が知れ渡った。山田本人も反響の大きさに驚きを隠せなかったという。

「正直、こんなに反響があるとは思っていませんでした(笑)。槙野選手の影響も間違いなく大きかったと思います。クラブのツイートに反応してくれた形だったので、自分が知ったのは少し時間が経ってからでしたが、知人・友人、サポーターの方以外にも届いているんだなというのは驚きました」

 山田がサッカーを始めたのは小学1年生の時。両親の勧めで「健康のため」に、神奈川県の少年団・東台FCに加入。当初は同級生が3人ほどしかいなかったが、高学年になって同級生も増え、「結果も少しずつ出るようになって、サッカーの沼にハマった(笑)」という。

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「サムライの屈辱」 日本代表の1998年W杯GKユニフォーム、“史上最悪”ジャージ選出に韓国注目「ダンスホールでしか見られない」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「冗談でしょ?」 イングランド代表の新ユニフォーム、“グラデ”流出デザインが不評「醜い」「がっかりだ」

  6. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  7. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 「え…ナニコレ」「やばい」 J1磐田の本拠スタジアムが大雨で浸水被害、水一面のロッカールームに驚き「なんじゃこりゃ」

  10. 「欧州最高の日本人」トップ5を海外選出 1位は「怪物」、日本代表の次期エース候補も