“決定機創出”のマジョルカ久保、現地紙が最高タイ評価 「素晴らしいパフォーマンス」

マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】
マジョルカMF久保建英【写真:Getty Images】

エスパニョール戦に先発出場、強烈なシュートやスルーパスを披露し2連勝に貢献

 マジョルカの日本代表MF久保建英は現地時間27日、リーガ・エスパニョーラ第3節エスパニョール戦に2試合連続で先発出場し、右サイドハーフに入り攻撃を牽引。1-0の勝利に貢献し、チームは2連勝を飾った。スペイン紙「マルカ」は試合後に各選手の採点を公開し、久保は決勝点を奪ったMFダニ・ロドリゲスら3選手と並び2つ星の最高タイ評価だった。

 本拠地ソン・モイシュにエスパニョールを迎えた一戦で、久保は右サイドハーフでスタメン出場。前節でアラベスに1-0と勝利し、1部復帰後の初勝利を手にしていたマジョルカは、序盤からリズム良く攻撃を展開していく。久保も、この日1トップに入った前節決勝弾のFWフェル・ニーニョと好連係を築き、前半3分に中央でのワンツーでシュートチャンスを演出すると、同21分には敵陣右サイドでパスを受け巧みなターンからドリブルを開始し、左足でF・ニーニョへ完璧なスルーパス。シュートは相手GKのセーブに遭ったが、決定機を創出した。

 そしてチームが同27分、D・ロドリゲスのゴールで先制した後も久保は右サイドで存在感を発揮。同43分にはカウンターから敵陣右サイドのペナルティーエリア手前でD・ロドリゲスからパスを受けると、中にボールを持ち出して左足を一閃。強烈なシュートが枠に飛ぶが、相手GKディエゴ・ロペスに防がれた。

 後半も攻守両面で奮闘した久保は、同36分にも前半と同じような形でF・ニーニョからボールを受け、独特なステップから左足を振り抜くもシュートは枠の上へ。スタンドのサポーターからは拍手が送られた。その後、同41分にベンチへ下がった久保だが、攻撃陣の一角として存在感を示しチームの2連勝に貢献している。

 スペイン紙「マルカ」はこの試合の選手採点を公開し、久保は決勝ゴールのD・ロドリゲスのほか、F・ニーニョ、MFサルバ・セビージャと並びチーム最高タイの2つ星評価。試合レポート内では「日本人と試合の唯一のゴールを決めたダニ・ロドリゲスによる素晴らしいパフォーマンス」とも記されていた。

 これでチームはリーガ開幕3戦無敗(2勝1分)と最高のスタート。久保も良い状態を保ちながら、日本代表のワールドカップ(W杯)アジア最終予選に合流する。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング