「舞い上がった」 元なでしこ永里が驚愕の一撃! 米大会で“ジャンピングボレー”弾

レーシング・ルイビルに所属するFW永里優季【写真:Getty Images】
レーシング・ルイビルに所属するFW永里優季【写真:Getty Images】

The Women's Cup決勝のバイエルン戦に出場、同胞DF熊谷の目の前でゴラッソを沈める

 NWSL(ナショナル・ウィメンズ・サッカーリーグ)のレーシング・ルイビルに所属するFW永里優季が現地時間21日に行われたThe Women’s Cup決勝のバイエルン・ミュンヘン戦に出場。1-1の同点で迎えた後半40分、クロスにジャンピングボレーで合わせるゴラッソを決めた。同胞DF熊谷紗希の目の前で決めた圧巻の一撃にクラブ公式ツイッターも「ユウキが舞い上がった」と感嘆の声を上げた。チームはPKの末に勝利し、同大会の初代王者となった。

【注目】日本代表DF吉田麻也、長い海外生活で感じる“日本人”評価 「絶対にやってはいけない」と気をつけていることは?

 大会にはアメリカからレーシング・ルイビルと永里の古巣でもあるシカゴ・レッドスターズ、なでしこジャパンのキャプテンDF熊谷が所属するドイツのバイエルン、そしてフランスのパリ・サンジェルマンの4クラブが参加するトーナメント方式で行われた。

 永里と熊谷の日本人対決が実現した決勝で、レーシング・ルイビルの永里がアクロバットなシュートで得点を挙げている。1-1で迎えた後半40分、左サイドから熊谷の頭を越えたクロスが上がると、ファーサイドに走り込んだ永里が右足のジャンピングボレーでボールをヒット。シュートはクロスバーに当たってゴールへ収まった。クラブ公式ツイッターはこのゴラッソについて「Yuki scored. Yuki soars.(ユウキが得点した。ユウキが舞い上がった)」と伝えた。

 試合は終了間際にバイエルンが追いつき、2-2のままPK戦にもつれ込む熱戦に。PK戦もお互いに11人目のGKまで順番が回る激しい展開となったなか、先攻のレーシング・ルイビルのGKケイティ・ランドが自らのがキックを成功させ、その後にバイエルンGKラウラ・ベンカルトのキックをセーブする大活躍。PKスコア7-6でレーシング・ルイビルが大会の初代王者に輝いた。

page1 page2

今、あなたにオススメ

トレンド

ランキング

  1. 「これがレベル差」 セルジオ越後氏&松木安太郎氏、ブラジル戦「日本のベスト選手」で意見一致「パラグアイ戦であんなにいたのに」

  2. 森保ジャパン、ベテラン2選手へ「代表レベルではない」「そろそろ世代交代してもいい」…酷評の声多数【読者評価】

  3. 「悲劇」「恐ろしい光景」 インドネシアサッカーリーグで大暴動、120人超死亡の大惨事に海外衝撃「子供も犠牲者に」

  4. 「上手い」「すごかった」 久保建英、B・シウバ彷彿の圧巻キープ→“ヌルヌル”ドリブルで相手置き去りに驚き

  5. 「私服かっこいい」 セルティック古橋亨梧、同僚2人&女子2選手とミュージカル満喫報告に「素晴らしい夜」

  6. 「とにかく美しい」 フランス代表の新ユニフォーム流出、“ネイビー×ゴールド”のシンプルデザインを海外絶賛「控えめで上品」

  7. 英雄パク・チソンが語るアジアの成長 「抜きんでている」と評した2人は?

  8. 「年間オウンゴール大賞!」 日本人MF、まさかの“衝撃ループ”に海外騒然「信じられない」

  9. 日本代表トリオに明暗…「キャリア最高」「感銘的」「猛省すべき」選手は? 英記者がアメリカ戦の先発11人を採点

  10. 「即買いだ」「美しい」 イングランド新アウェーユニフォーム、“襟付き&レッド復活”の流出デザインを海外絶賛